授業は興味を引ければ生徒のやる気に繋がる

 最近のニュースを授業に取り入れると、生徒の興味を引くことができます。例えば、台風がニュースになっていたとします。理科の授業であれば台風と結びつけやすいです。台風ではよく、風速の話がでます。それを理科の授業で解説することができるでしょう。実際に人間が飛ばされる風速などと具体性があると、生徒たちは身近な問題として捉えることができます。そのようにニュースを授業に利用すると、生徒はニュースに関心を抱いてくれます。生徒は教育の場と現実があまり繋がらないことも多いです。ただ、ニュースを通じて授業で学んだ知識を利用できることを知ってもらうことは有意義です。

 また、ニュースを授業に取り入れる方法はたくさんあります。ニュースは授業に取り入れやすい分野なのです。この方法は授業への関心が薄い生徒に興味を持ってもらいやすい方法ですので、ロジックがしっかりしていれば話の仕方で上手くまとまります。先程の台風であれば台風の速度を求める問題を算数に取り入れることは可能でしょう。ただ、問題に取り入れるなら興味を持つことを考えて、ニュースの取り入れ方を検討することは大事です。ニュースの選び方によっては有効な授業となる可能性はあります。上手く授業を展開するための手段として、ニュースは有益なものです。